2014年8月29日金曜日

Q : 看板の設置場所の高さで費用は変わりますか?

A : 設置場所の高さによって大きく変わります。


例えばパネルを1枚壁に設置するとして目線の高さだと

一般的な出張費のみで可能ですが。

高さが5~10mと高くなってしまうと足場や重機が

必要となってしまうため看板本体の金額よりも

高くなってしまう場合もあります。


一般的に取り付け場所の地面がほぼ水平で

またある程度の地盤の固さがあるとすると…



3~3.5m程度まで

脚立での作業となるためほぼ出張費のみで

取り付け可能となります。

地面が柔らかくて脚立が水平に立たない場合などは

コンパネ(パネル)をひいたりして行いますが

その場合でもおよそ金額が倍になるということは

無いと思われます。




5~5.5m程度まで

およそ足場での作業になります。

足場の架設には地面がある程度水平であり

コンクリやアスファルトであることが望まれます。

柔らかい場所の場合はコンパネをひきます。

この場合は取付費と別に

・ 足場架設費
・ 道路使用許可申請費

が必要になります。

下の段の「道路使用許可」は、店舗の敷地内以外での

歩道や車道で足場を組むときに必要となります。

敷地内での作業では必要ありません。




5~7m程度まで

場所の制限はありますが梯子をかけて作業を行う場合もあります。

施工内容によっては梯子での取り付けができないため

内容によりけりということになります。

また安全対策のために人員を増やしたりや

動きが制限されるので作業効率が悪いため時間もかかります。

ですので費用は上がる可能性があります。


7、8~28m程度まで

この高さになると高所作業車が必要になります。

高所作業車は、9 ・ 12 ・ 16 ・ 21 ・ 24 ・ 27 (例) というように

高さによってアームの長さが違うので

レンタル代も高さによって上がっていきます。

また足場架設のときと同じように歩道、車道に出てしまうときは

「道路使用許可」が必要になります。

こちらも取付費と別に

・ 高所作業車配車費
・ 道路使用許可申請費

が必要になりますので、場合によっては看板代よりも

経費の方が高くなってしまう場合もあります。




28m以上

この高さになりますと一般的な取り付け作業はできませんので

クレーンを使っての作業やぶら下がり、ゴンドラなどになります。

クレーンでの作業はレンタル代(オペレータ派遣費含む)として

1日安くても10万円以上かかりますので

取付費がかなり上がることになります。

ゴンドラなどもレンタル、架設費がかかりますので

こちらも費用がかかることとなります。

ゴンドラは屋上からぶら下がってくるので

屋上のスペースが確保できるのでしたら

高さによってはクレーン等よりも安く施工できるます。

また別に窓拭きの作業員のようにロープでぶら下がって

施工する方法もあります。

こちらの場合は比較的お安く施工できますが

手で間単に持てる重さのものまでしか取り付けができません。

しかしながら看板の清掃やシート貼りなどでは

かなり優位な選択肢となってきます。





このように高さによってかなり費用に差が出てきます。

なかなか一般の方に判断することは難しいと思いますので

まずは看板屋にご相談することをおすすめします。

当社では今までの施工実績からお安く最適な施工方法を

ご提案致します。まずはお気軽にご連絡ください。


→ 公式メールフォーム (別ページへ)

アートエス株式会社
TEL : 092-622-0666
FAX : 092-622-0665


0 件のコメント:

コメントを投稿